鍛神プロテインの中身

劣化を防ぐ!ダニや湿気からも守れるプロテインの保存容器おすすめ3選!

レブロン鈴木
レブロン鈴木
はい、どーも!
レブロン鈴木です
おつえもんでーす!

プロテインを購入したら、別の容器に移し替えたりしてますか?そのままですか?

プロテインが入っている袋のチャックを締めるのって、地味にめんどくさいですよね。

取り出す回数が多くなると、チャックの隙間にプロテインの粉が挟まって締めにくくなりませんか?

チャックの袋だと締めにくくなるだけじゃなく、つぎのようなデメリットもあります。

  • 湿ってプロテインが劣化する
  • 僅かな隙間からダニが侵入してしまう

湿ってしまうとプロテインが劣化するだけでなく、酷い場合はカビが生えてしまうかもしれません。

また、ダニがプロテインに侵入して、ダニ入りのプロテインを飲んでしまうと腹痛が起きたり、ダニアレルギーの人はさらに大変なことになる可能性も・・・

そこで、湿気やダニから守ることができて、さらに、プロテインの出し入れが楽チンにできる保存容器を3つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

プロテインを保存容器に移し替えるメリット

チャックの袋より保存容器に移し替えたほうが衛生面、機能面で優れているので、つぎのようなメリットがあります。

  • 湿気を防ぐ
  • ダニの侵入を防ぐ
  • 蓋を締めやすい
  • プロテインを出すのが簡単
  • コンパクトにまとまる
  • 残りの量が目で見て分かる

 

プロテインの保存容器おすすめ3選

実際に使ってみて、「これは使えるな」と思った保存容器は、つぎの3つです。

  • 【タケヤ化学工業】フレッシュロック
  • 【ラストロ】スクリュートップキーパー
  • 【セラーメイト】チャーミークリアー

実際に使ってみた保存容器なので、この中から選んでおけば失敗することはないと思います。

また、どの保存容器もAmazonや楽天市場などで、すぐに購入できます。

 

【タケヤ化学工業】フレッシュロック

タケヤ化学工業 フレッシュロック 丸型 2.4L

タケヤ化学工業 フレッシュロック 丸型 2.4L

638円(08/22 23:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

タケヤ化学工業㈱の「フレッシュロック」というプラスチック保存容器です。

1961年創業のタケヤ化学工業㈱は、プラスチック製品メーカーで、食品や飲料用途の商品を中心に製造しています。

そんなタケヤ化学工業㈱のフレッシュロックの凄いポイントは、つぎのとおりです。

  • 開けやすい
  • 落としても割れにくい
  • 取り出しやすい
  • お湯で洗うことができる

プロテイン1キロが入る2.7ℓの容量があるサイズでも239グラムと軽い!

丈夫なので、落としても割れにくく、口が広いので中身が取り出しやすいです。

また、耐熱温度は60度なので、お湯で洗うことができます。

 

【ラストロウェア】スクリュートップキーパー

プラスチック家庭日用品雑貨を製造販売している岩崎工業㈱の「ラストロウェア」のプラスチック保存容器です。

ラストロウェアとは、もともとはアメリカのボーデン社のプラスチック部門を代表するブランドでした。

それを岩崎工業㈱が業務提携して、継承して今に至るというわけです。

  • 簡単に蓋の開け閉めができる
  • 密封力が高い
  • サイズの種類が多い
  • 取り出しやすい

スクリュー式だから開け閉めが楽チン!

回すだけで蓋を開けたり閉じたりできます。

また、250から1500mlと7種類のサイズがあり、それぞれ高さが浅型と深型とあります。

 

【セラーメイト】チャーミークリアー

老舗ガラスメーカー星硝(株)のブランドであるセラーメイトの「チャーミークリアー」という保存容器です。

シンプルなデザインと使い勝手の良さから多くの人たちに愛用されています。

  • 蓋の開け閉めが簡単
  • 取り出しやすい
  • 見た目がオシャレ

保存容器はソーダライムガラスなので、かなり丈夫です。

また、見た目もインテリア感があってオシャレ。

スクリュー式なので簡単に開け閉めができます。

 

食品用の乾燥材を入れるとさらに効果的!

保存容器の中に、プロテインと一緒に「食品用の乾燥剤」を入れておくと完璧です!

もちろん、プロテインを保管するには、紹介した3つの保存容器のいずれかを使うだけでも十分ですよ。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
100点が120点になるイメージ!
ドライナウ 食品用乾燥剤 シリカゲル 5g×30個入

ドライナウ 食品用乾燥剤 シリカゲル 5g×30個入

359円(08/22 23:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

食品用乾燥剤のシリカゲルは、湿気を吸い取ってくれます。

また、取り替えのタイミングが分かりやすくて便利。

粒の色がブルーからピンクになったら取り替えるタイミングです。

*シリカゲルには、体に害を及ぼす成分は含んでいません。

 

正しい保管方法も覚えよう

保存容器だけに頼るのではなく、正しい保管方法も覚えておきましょう。

プロテインを保管する場所のポイントは、

  • 直射日光が当たらない場所
  • 25℃以下の涼しい場所
  • なるべく湿気の少ない場所

そんな場所ないよ!という場合には、冷蔵庫で保管することをおすすめします。

その代わり冷蔵庫で保管し始めたら、そのプロテインがなくなるまで、ずっと冷蔵庫で保管し続けてください。

その他の保管するポイントは、

  • しっかりと密封する
  • 濡れた(湿った)手で扱わない
  • 作り置きはしない

当たり前のことですが、いくら良い保存容器を使っても、しっかりと蓋を閉めなかったら意味がないですよね・・・

また、湿気る原因になるので、プロテインを取り出すときは、濡れた手で扱わないようにしましょう。

最後に、大量に作り置きするのはNG!

プロテインの酸化が起きたり、カビや菌が増殖する可能性があるからです。

飲む分だけを作るようにしましょう。

プロテインは、口の中に入れるモノなので、しっかりと保管するようにしましょう。