鍛神プロテインて副作用はあるの?

鍛神プロテインの副作用(下痢・便秘・吐き気・腎臓に負担)はヤバいって本当!?

「副作用が心配で購入しようか迷ってる」

「肝臓や腎臓が悪くなるって本当?」

「下痢になるって聞いたんですが・・・」

ネットで調べると、体に悪い、太る、吐き気がする、抜け毛が増える、下痢、便秘になるなど、いろいろと書かれているので不安になりますよね。

いきなり結論からお伝えすると、鍛神プロテインに副作用はありません。

しかし、飲み過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性が・・・

*ここでは、飲み過ぎによる体への影響を「過剰摂取によるデメリット」と言います。

この記事では、鍛神プロテインの過剰摂取によるデメリットを紹介します。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
正しい飲み方をしていれば、鍛神プロテインはボディメイクをサポートしてくれる頼もしい味方になるぜ!

 

鍛神プロテインに副作用はない

鍛神プロテインには副作用はない!

鍛神プロテインには、副作用はありません。

なぜなら、鍛神プロテインは、薬(医薬品)ではなく栄養補助食品だからです。

副作用というのは、薬(医薬品)を飲んだときに期待される効果以外の作用のことをいいます。

例えば、風邪薬を飲んだとします。

風邪薬を飲むことで、

  • 期待される効果:鼻水や咳が止まる
  • 副作用:眠くなる

ことです。

なので、栄養補助食品である鍛神プロテインに副作用はありません。

だからと言って過剰摂取はダメですよ!

副作用はありませんが、飲み過ぎたらデメリットはあります。

栄養補助食品だけでなく、肉や魚などの食品にも同じことが言えますよね。

レブロン鈴木
レブロン鈴木

どんな栄養がある良い食品でも食べすぎ飲み過ぎは毒だぜ!

栄養補助食品とは?

栄養補助食品とは、不足しがちな栄養を補うための食品です。

一般的にいうとサプリメント。

肉や魚、野菜などとは違い、人工的に特定の栄養を錠剤やカプセル、液体、粉末状に濃縮しています。

 

過剰摂取によるデメリット

過剰摂取によるデメリット

鍛神プロテインを過剰摂取すると、つぎのデメリットがあります。

  • 腎臓に負担がかかる
  • 摂取カロリーが多くなって太る

まずは、どうして過剰摂取が腎臓に負担がかかるのか見ていきましょう。

 

腎臓(じんぞう)に負担がかかる

腎臓に負担がかかる

鍛神プロテインを過剰に摂取すると、なぜ腎臓に負担がかかってしまうのか?

鍛神プロテインの飲み過ぎは、タンパク質の過剰な摂取となり老廃物を増やすので、その分だけ腎臓が老廃物を処理して排出する必要があるからです。

ポイントは2つです。

  • 腎臓には、老廃物を処理して尿として排出する働きがある
  • 1度に吸収できるタンパク質の量には限界があり、吸収できなかったタンパク質は老廃物になる

つまり、鍛神プロテインを飲み過ぎると、本来ならやらなくていい仕事を腎臓がやることになるんです。

通常の仕事に加え、不要な仕事をさせられたら負担がかかっちゃいますよね。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
自分だったらブーブー言ってるな(笑)

そもそも、体内に吸収されたタンパク質でエネルギーを作るときにも老廃物が発生して、腎臓に負担がかかっているので、過剰摂取でさらに負担をかけないようにしましょう。

 

カロリーオーバーになると太る

カロリーオーバーになる可能性

鍛神プロテインは、正しく飲んでる分には直接的に太る原因とはなりません。

カロリーや含まれる成分、脂質や炭水化物の量を見れば分かります。

  • 1食(33g)あたりのカロリーは130kclと高くない
  • アミノ酸を含むタンパク質、ビタミン、カルシウムなど栄養のバランスが良い
  • 脂質2.5g 炭水化物5.6g と低い

鍛神プロテインに含まれる成分

しかし、朝、昼、夜の食事に加えて(食べる量や間食の有無にもよりますが)、1日に4回や5回もプロテインを飲んだら、飲んだ分だけ摂取カロリーが増加するので、消費カロリーをオーバーする可能性があるので注意してください。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
プロテインに限らず、どんな食品でも食べ過ぎたら、そりゃあ太るよね!

 

カロリーオーバーにならないように効果的に飲むには?
プロテインを飲む回数は、1日2回までとしましょう。
飲むタイミングとしては、朝とトレーニング後です。

朝やトレーニング後は、体のタンパク質が空っぽの状態なので、タンパク質を早く体に吸収させてあげる必要があります。

空っぽの状態が続くと筋肉が分解して減ってしまうからです。

鍛神プロテインに含まれるタンパク質は、体への吸収率が高いので、その特徴を活かして朝やトレーニング後に飲むと効果的!

それ以外は、牛、豚、鶏肉や魚、卵などの食事からタンパク質を摂取するようにしましょう。

タンパク質の摂取をプロテインに依存しすぎるのも良くないので。

 

鍛神プロテインを飲んで下痢になる原因

下痢になる原因鍛神プロテインの摂取量を守っていても、下痢になる人は、乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)が原因かもしれません。

乳糖不耐症とは、つぎのような症状をいいます。

糖不耐症とは、消化酵素のラクターゼの欠乏により乳糖が消化できない状態のことで、下痢や腹部のけいれん痛を起こします。

出典: MSDマニュアル家庭版

要するに、体の中に、牛乳の中に含まれる糖を消化させる成分が足りないので、下痢になってしまうということです。

鍛神プロテインは、牛乳を原料として使っています。

過剰摂取してないのに、飲むといつも下痢になってしまうという方は乳糖不耐症の可能性があるので、いったん飲むのを止めましょう。

病院に行けば自分が乳糖不耐症なのか検査をすることができます。

 

 乳糖不耐症だった場合


乳糖不耐症だったら、もうプロテイン飲めなじゃん!!!と思いますよね。

安心してください。

プロテインには、牛乳を原料としたモノ以外に、大豆を原料としたプロテインがあるのです。

聞いたことがあるかもしれませんが、ソイプロテインと呼ばれています。

なので、乳糖不耐症の場合には、大豆を原料としているソイプロテインがおすすめです。

いろいろなメーカーから販売してるので、Amazon、楽天などの通販、ドンキやドラッグストアでも購入できますよ。

 

鍛神プロテインを飲むときの注意点

鍛神プロテインを飲むときは、つぎの2点を注意しましょう。

  • 摂取量を守る
  • アレルギーに注意する

 

摂取量(飲む量)を守る

鍛神プロテインを1度に多く摂取しても、すべてが消化・吸収されるわけではない!

体がタンパク質を消化・吸収できる量には限界があるのです。

1度に吸収できるタンパク質の量は20~30グラムと言われています。

大量に飲んでも意味ないです。むしろ、腎臓・肝臓に負担がかかる、カロリーオーバーになり太る可能性など悪いことしか・・・

何が言いたいかというと、摂取量を守りましょう!ということです。

鍛神プロテインの場合は、1食(33g)専用スプーンで3杯分を目安に摂取しましょう。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
いっぱい飲んだからって、飲んだ分だけ、筋肉が増えたり、痩せたりすることはないから!

 

アレルギーに注意する

鍛神プロテインの原料は牛乳です。

乳アレルギーがある場合は、肌にかゆみなどが出てしまう可能性があります。

もしアレルギーが出た場合は、すぐに飲むのを止めて、病院に行ってお医者さんの指示に従いましょう。

 

【結論】正しく飲むことが重要

鍛神プロテインは正しく飲むことが重要

鍛神プロテインには、副作用はありませんが、摂取量を守って飲まないと腎臓に負担がかかったり、カロリーオーバーして太る原因となります。

レブロン鈴木
レブロン鈴木
シンプルに一言でまとめると、飲み過ぎはNG!

逆にいうと、正しい飲み方をすれば体に悪い影響はないということです。

むしろ、鍛神プロテインには優秀な成分が含まれているので、体の中の足りない栄養素が補われることによって、効率的にカッコいい体づくりやダイエットを行えます。

鍛神プロテインを正しく飲んで理想の姿になれるように頑張りましょう!

 

▼ 鍛神プロテインの正しい飲み方を知りたいという方は、下記の「鍛神プロテインの正しい飲み方」の記事を読んでみてください。

関連記事

「効果的な飲み方が知りたい!」「せっかく飲むなら、効果を実感できるように飲みたい!」プロテインて、どう飲めば正しいのか分からないですよね。この記事では、いまやプロテイン愛好家となったレブロン鈴木が、鍛神プロテインをこれから飲もうと考え[…]

鍛神プロテインの効果的な飲むタイミング